FC2ブログ

チャルゴクライミングジム  姫路市 クライミング ボルダリング

姫路市 花田町と網干区にあるボルダリングジムです。

こんにちは。

11/5(水)は花田店、網干店、ともに18:00~の営業時間となります。
宜しくお願いします

スポンサーサイト



こんにちは!!

明日10/22(火)は両店舗ともに11:00~20:00の営業時間になります。
宜しくお願いします。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

・キッズボルダリング(小学生対象)毎週土曜日10時30~12時両店舗で開催。

 詳しくはカテゴリーの「キッズボルダリング」をポチっと。

・ママボル 毎週金曜日9:30~11:30 花田店で開催。詳しくはカテゴリーの「ママボル」をポチっと。
 
・会員登録不要のビジター料金/学生料金を導入!!姫路で唯一だよー。
詳しくはカテゴリーの「料金案内」をチェック!!

・貸し切り営業もOK!!詳しくはカテゴリーの「貸し切り営業」をチェック!!

※スマホで見ていて、カテゴリーがない方はPCビューに替えてください。カテゴリーが出ますよ。
/
・姫路でボルダリングするなら親切丁寧なチャルゴへ。 駐車/場も無料!!
 付き添いの方の料金は発生しません。

・花田と網干に2店舗あるので一度会員になると両店舗で楽しめます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  ★

こんにちは。
以下の日程で網干店のホールドチェンジを行うため、
営業開始の時間が変更となっております。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

9/30(月)  17:00~OPEN
10/7(月)  17:00~OPEN 

皆様に楽しんで頂けるよう、頑張ってホールドチェンジを行いますので、
皆さまお楽しみに。
花田店は11月から順次ホールドチェンジを行います。

それでは、先日の吉田家のキャンプ風景でさようなら。
チビ達は焚火と満点の星空を楽しみましたー。

s写真









★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

・キッズボルダリング(小学生対象)毎週土曜日10時30~12時両店舗で開催。

 詳しくはカテゴリーの「キッズボルダリング」をポチっと。

・ママボル 毎週金曜日9:30~11:30 花田店で開催。詳しくはカテゴリーの「ママボル」をポチっと。
 
・会員登録不要のビジター料金/学生料金を導入!!姫路で唯一だよー。
詳しくはカテゴリーの「料金案内」をチェック!!

・貸し切り営業もOK!!詳しくはカテゴリーの「貸し切り営業」をチェック!!

※スマホで見ていて、カテゴリーがない方はPCビューに替えてください。カテゴリーが出ますよ。
/
・姫路でボルダリングするなら親切丁寧なチャルゴへ。 駐車/場も無料!!
 付き添いの方の料金は発生しません。

・花田と網干に2店舗あるので一度会員になると両店舗で楽しめます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  ★

こんにちは!!
19日木曜日は網干店ホールドチェンジの為両店舗ともに、
22時閉店になります。

また翌日の20日(金)は、
花田店は14:00~の通常営業ですが、
網干店は18:00~の営業となります。




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

・キッズボルダリング(小学生対象)毎週土曜日10時30~12時両店舗で開催。

 詳しくはカテゴリーの「キッズボルダリング」をポチっと。

・ママボル 毎週金曜日9:30~11:30 花田店で開催。詳しくはカテゴリーの「ママボル」をポチっと。
 
・会員登録不要のビジター料金/学生料金を導入!!姫路で唯一だよー。
詳しくはカテゴリーの「料金案内」をチェック!!

・貸し切り営業もOK!!詳しくはカテゴリーの「貸し切り営業」をチェック!!

※スマホで見ていて、カテゴリーがない方はPCビューに替えてください。カテゴリーが出ますよ。
/
・姫路でボルダリングするなら親切丁寧なチャルゴへ。 駐車/場も無料!!
 付き添いの方の料金は発生しません。

・花田と網干に2店舗あるので一度会員になると両店舗で楽しめます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  ★

こんにちは!!
先日、ヒデシー店長と私、他常連様とで、
ボルダリングの大会 「8DX火の玉戦」に参戦してきました。

私は年に一度、コンペに参加しており、
どうせ参加するならと、
毎回コンペ当日に向けて減量しております。
今回は2ケ月前より普段から行っているランニングの回数を週3を週5/6に増やし、
最後の2週間は糖質制限を行いました。
結果、62.5㎏~58.0㎏と4.5㎏の減量になりました。

そして、コンペの結果は中指骨折という名誉の負傷(笑)
いやはや、カチを必死に握りすぎましたね。

さてさて、今回はチャルゴからキッズを含めると18名の参加となりました。
コンペに慣れている方から初参加の方と年齢も小3~53歳までと様々です。
みんな、普段と違う雰囲気の中で、いつも以上に力が出せた方、
はたまた、緊張でこわばってしまったり、雰囲気にのまれて、
いつもより登れず、悔しい思いをした方と色々ですが、
コンペ後は、みんないい顔してましたね。

c.jpg


a - コピー



先に書いたように、個人的にコンペに参加するときは、体調や体重、
当日に向けて自身が持てる全てを出し切れるように調整します。
これに関しては、もともとボルダリングを外岩から始めているので、
外岩で落としたい課題に照準をあてて、調整するのと同じ感覚です。
あと、調整等をしてストイック風な自分や、エセアスリートな感覚を楽しんでおります。

と、書きましたが、調整の真の目的は、コンペでヒデシー店長に勝つことでありますっ!!!
そう、ヒデシー店長に

「GOさん、つ、つよい!!」
「GOさんに完全に負けました(泣)」

と、言わせることであります!!!


そして今回はというと、、やっぱり、ヒデシー店長に完全に負けました。
中指の不具合があろうがなかろうが、完全に負けました。
いやー、調整もせず、暴飲暴食を繰り返し、
休みの日には、朝からアニメを見ながらビールを飲む、
そんなヒデシー店長ですが、やはり強かった。
彼は保持力&筋肉エリートですね。

そして店長は若者達が上位を占める中で、
なんと、第三位!!

1位 高校3年
2位 高校2年
3位 ヒデシー店長35才(アニメ好き、休日は専ら自宅警備員)

いやー、あっぱれです。

私が思うに、彼は普段ジム内であまり登らないですが、
彼の限界に近いグレーディングの課題や、限界を超えている課題、などを、
たまのセッションや、マンスリー課題の試登の時などは、
めちゃめちゃ必死にトライします。
絶対落ちたくないっ!!と、
持てる力を総動員して登ります。
余力を残して、降りてくる事をあまり見かけません。
これが彼の強みであり、このトライ一回一回が登攀能力の向上につながっている。
保持力トレーニング、体幹トレーニング、筋力トレーニング、
他のクライマーが別個で行っているトレーニングを、
彼は一回づつのトライがそのままトレーニングになっている。
まさに「クライミングで必要な力をクライミングで鍛える」
これを体現しているのではないでしょうか?


登るときに必死に登るなんて、あたりまえやんと思うかもしれませんが、

はたして、そうでしょうか?

少しムーブを間違えた、
次の一手は出せるが、ゴールまでの余力がない、
はたまた、ゴールまでのコースを覚えていない、
保持があまいので、諦めた。

そう、課題を登ってて、落ちたではなく、降りた。
ほとんどのクライマーは普段これですよね。
僕もそうです。

しかしヒデシー店長は違います。
「俺は落下はするが、自ら降りない」と、言ったかどうかは知りませんが。




次回こそはヒデシー店長にかつぞ!!!!!
本当に本当に切に、私はそろそろ、ヒデシーに勝ちたいのであります。
みなさんヒデシー店長、攻略のよい策があれば教えてね。

彼はきっとブログを書いている今も、アニメ酒をしているんだろうなー。

b - コピー


コンペ内容を書く予定が、ヒデシー店長を褒めただけになっちゃいましたね。