FC2ブログ

チャルゴクライミングジム  姫路市 クライミング ボルダリング

姫路市 花田町と網干区にあるボルダリングジムです。

こんにちは!!GOです。

只今、下記日程で試し履き&試登会を行っている、
「ペルアドラ」のGOの感想になります。
これを読んで是非、「ペルアドラ」を体感しに来てくださいね。

まずは、試し履きの日程です。
9/23(月)~9/27(木)  網干店
9/28(金)~9/30(日)  花田店

早速、感想になります。
私は初日はルーフや135°と強傾斜、2日目にスラブ、垂壁と緩傾斜を登りました。

①足入れ&履き心地
 足入れはめちゃめちゃ良い!!足を入れる箇所を広めに取っているので、窮屈感がほぼなく、
 スムーズに入る。
 そして、履き心地。さすが日本人の足型のサンプルを多くとり、その平均値で作ったと言われるだけはある。
 特につま先のホールディング感はかなりあるが、それほどターンインしていない分、窮屈さを感じない。
 ジャストサイズを長い時間履いていても、脱ぎたくなる感がない。
 thumbnail_20180926_145112_1537941240194.jpg




②足裏感覚&掻き込み
 まずは、この写真をどうぞ
 thumbnail_20180926_145018_1537941240621.jpg

ソールより、つま先の先端部分が出てる!!!
こんな形状で乗り込めるの!!?










乗り込めました。全く問題なく乗り込めました。
しかーし、今時珍しく、ソールが4ミリなので、足裏感覚が少し乏しいかなと、
あと、掻き込みを行いやすくする為に、アッパーとソールに芯材が入っているようなので、
少し履いて足に馴染んで柔らかく&ソールが削れた時が、このシューズが一番ええと時ではないでしょうか。
また、私は普段ドラゴやフューリアSなどのソフト系のシューズ好んで履いているので、VSなどの固い系のシューズをお好みの方は、最初から違和感なく履けると思います。
あと、4ミリってことは、買いなおしやリソールの間隔も長くなるので、小遣い制のサラリーマンクライマーにいいかも。





③トゥーフック
 はい、最高です!!!僕の中でトゥーフック最強のシューズはラバーコートしたVSでしたが、
 それに匹敵するぐらいいいですね。
 thumbnail_20180926_154902.jpg

ペルアドラはシューズの開口部を広くとってあることにより、開口部が狭いがシューズに比べ足首の可動域が広くなり、
トゥーフックが掛けやすくなっていると思いました。

あとは、この形状とベルクロまで届くラバーですね。
thumbnail_20180926_145103_1537941240510.jpg




④ヒールフック
 まずはこの写真を
 thumbnail_20180926_160829.jpg

な、、、なんと!!!
ヒールのセンターラインとサイドラインの材質が違うんです!!!
・センターはXSグリップ2
・サイドはXSグリップ

個人的には、この材質の使い分けいるっ!!!この違いわかるクライマーいるっ!!!?
と、思いましたが。

さすが、真面目な日本人が作った靴ですね。と、しときましょう。

あと、肝心なヒールフックでしたが、個人的にはヒールカップが広く、また浅く感じるので、
少し不安かなと思います。
これは上記で書いたように「ペルアドラ」は足首の自由度などを優先したからだた思います。

また、私は多くのお客様にシューズの接客をし、販売してきました。
そこで、特に女性のお客様に「かかとが痛い」という意見を多く聞いてきました。
そんな方にはこのくらいの ヒールカップがいいと思います。



最後に総評です。
えらそうに、すみません

「ペルアドラ」はジム専シューズとして推しです!!!
長時間履いても、痛くならず。しかも掻き込み&トゥーフックがよい。
私が不安に感じたヒールは、初段以上のグレードのヒールムーブでない限り、問題なし。

あと、特にこんな方に是非、履いてほしいです。
①足型が合わず、ハイエンドモデルでよくあるターンイン、ダウントゥーなどの攻めたシューズを諦めていた方。
②足の指のタコがひどい方。
③何を履いても、踵が痛い方。
④トゥーフックに自信を持ちたい方
⑤ほとんどジム登りしかしない方


長々と読んで頂き有難うございました。
チャルゴでの試し履きの機会を逃さないでねー。

















スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://chargo0211.blog.fc2.com/tb.php/598-2a7877a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック